建設業許可票の掲示について

2015-01-03
Pocket

許可票1建設業許可を無事取得した後には、建設業許可票を事務所と工事現場ごと、公衆の見えやすい場所に設置しなくてはなりません(建設業法第40条)。ここでは建設業許可票について解説していきます。

(許可票のイメージ図を添付しております。)

1. 建設業許可票とはどういったものか?

「建設業許可票について、どういったものか」は、建設業を営んでいる方はご存じかと思いますが、標識基準について書きます。

https://kensetsugyou-shinsei.com/wp-content/uploads/2015/01/建設業許可票.pdf

左側の図は、店舗・事務所に掲示する標識の基準で、右側の図が、建設工事現場に掲示する標識の基準になります。
「建設業の許可票は許可を受けた方がご自身の責任により製作して頂く(「神奈川県等建設業手引き」記載)」になっておりますが、当事務所に建設業許可(新規)を依頼された方は、建設業許可票にも対応しています。材質(金属・プラスチック等)に定めは特にございません。

しかも許可票は18種類のパターンから選べますので、横浜市・川崎市・神奈川県の建設業者の方々からも大変喜ばれております。

18種類の見本はこちらです。

 

2. 建設業許可票の注意点

大きさ(サイズ)について
・店舗・事務所に掲示する許可票は、縦35㎝以上・横40㎝以上にすることになっております。
・建設工事の現場に掲示する許可票は、縦25㎝以上・横35㎝以上にすることになっております。

建設工事現場用の許可票の注意点
・「主任技術者の氏名」欄には、監理技術者を置くことになっている場合、「監理技術者の氏名」を記載することになっています。
・「専任の有無」の欄は、監理技術者の方は法令により専任の方を置くことになっているため、「専任」と記載します。
・「資格名」の欄は、主任技術者または監理技術者が持つ資格等を記載するようになっています。
・「資格者証交付番号」の欄は、主任技術者または監理技術者が持つ資格者証の交付番号を記載します。
・「許可を受けた建設業」の欄には、当該建設工事の現場で行っている建設工事に係る許可を受けた建設業を記載することになっています。
・「国土交通大臣・知事」については、不要なものは消すことになっています。

建設業許可票も、お気軽にお問い合わせください!

「好みに合った許可票を選びたい!」
「許可票だけでも取り寄せたい!」
建設業許可・許可票のご注文も、かもめ行政書士法人は対応していますので、お気軽にお問い合わせください!

 

Pocket


無料相談実施中。045-392-3713までお電話ください

Copyright(c) 2014-2019 かもめ行政書士法人 All Rights Reserved.
Top