建設業許可を取得できないケース

2014-04-18
Pocket

建設業許可申請は許認可の中でも、取得するのが難しいものの一つです。

建設業許可を取得するための条件が整っているか、非常に厳しく審査されます。

この条件をすべて満たすことが、建設業許可を取得することになりますが、建設業許可を取得できない可能性が高いのは、以下のような状況です。

☑ 経営者としての期間が5年満たしていない方

☑ 実務経験が少ない方
*高卒で実務経験5年を満たしていない、大卒で実務経験3年満たしていない、建設関係の資格を持たない、ということです。

☑ 預貯金残高が500万円を満たしていない方

☑ 誠実性を有していない方(暴力団構成員などの方)

☑ 成年後見人であったり、破産者で復権していない方

などです。

とはいえ、全く建設業許可の可能性がゼロということで諦めるのではなく、どうすれば建設業許可が取得できるかをアドバイスできますので、お気軽にご相談ください(相談料は無料です)。

Pocket


無料相談実施中。045-392-3713までお電話ください

Copyright(c) 2014-2019 かもめ行政書士法人 All Rights Reserved.
Top