神奈川県の産廃許可を申請してきました。

2017-05-21
Pocket

今年(2017年)は、幣行政書士事務所も産廃許可(一般収集)のご依頼を頂くことが増えました。
今回は、神奈川県の産廃許可申請について書きたいと思います。

産廃許可はどこのものを取得するのか?

産廃許可(積替・保管を除く)は、産廃物を積み込むところ、積み下ろすところで取得必要がございます。
神奈川県の産廃許可を取得することができる自治体は、神奈川県、横浜市、川崎市、横須賀市となっております。

仮に、横須賀市で積み込み、横浜市で積み下ろす際は、神奈川県で産廃取得を行えば要件を満たします。神奈川県内の複数の市町村にまたがっている場合は、神奈川県知事の許可で対応できます。(この場合、横須賀市、横浜市個別に産廃許可を取得する必要はございません。)

また、横浜市内で、積み込み・積み下ろしを行う場合は、横浜市の産廃許可を取得すれば要件を満たせます。しかし、建設現場が横浜市を越えることは多々あると思いますので、神奈川県で産廃許可を取得する方がよいのではと捉えています。

ちなみに、
積替保管を含む収集運搬業や中間処分業については、事前に予約を入れた上で、申請窓口にて事業計画など相談することとなっています。

講習会受講は、お早めに!

「産廃(一般収集)許可を取ろう!」と考えましたら、まず講習会の予約をお勧めします。
産廃新規の講習会は、なかなか思い通りに予約することが難しく、遠方の会場で講習会を受ける声もよく聞かれます。

新規の講習会の有効期間は、5年間となっています。
5年の期間があれば、「そのうち産廃を取らないといけないのでは…」という時から、講習会を受けても良いのかもしれないです。

車両は会社名義に変更しておく。

産廃物を運搬する車両も、産廃許可申請時に申請致します。
車検証の控えも提出するため、申請がスムーズに通過するには、会社名義にしておくことをお勧めします。

神奈川県の産廃申請においても、車両の写真を求められます。
車両のナンバーが読み取れるよう、斜め前方、斜め後方2種類の車輪が必要です(神奈川県の場合)。

時々、「家庭ごみを収集する際、産廃許可が必要ですか?」とお問合せを頂くのですが、家庭ごみは、一般廃棄物となり、産業廃棄物ではないので、産廃許可は必要ではありません。

横浜市を含む神奈川県の産廃(一般収集)許可をお考えの方は、行政書士清水すなお事務所へお任せ下さい!5万円(税別)の料金(法定費用は除きます。)で対応しております。平日夜土日も対応し、相談料は無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

Pocket

無料相談実施中。045-392-3713までお電話ください

Copyright(c) 2014-2017 清水すなお行政書士事務所 All Rights Reserved.
Top