建築工事一式

2014-07-27
Pocket

建設業許可には、28種の業種があります。 ここでは、02『建築工事一式』について、要点をまとめます。

略号

『建』

建設工事の種類

建築工事一式

建設業の種類

建築工事業

内容

総合的な企画、指導、調整のもとに建築物を建設する工事(補修、改造または解体する工事を含む)

通常「元請」であることが求められます。
通常建設業許可は、消費税込み500万円以上の請負工事額となっていますが、建築一式工事業は、税込み1,500万円以上が許可の対象となります。

例示

建築確認を必要とする新築および増改築

類似した建設工事との区分の考え方

「金属製避難はしご」とは、火災時等にのみ使用する組立式のはしごであり、ビルの外壁に固定された避難階段等はこれに該当しない。したがって、このような固定された避難階段を設置する工事は『消防施設工事』ではなく、建築物の躯体の一部の工事として『建築工事一式』または『鋼構造物工事』に該当する。

一般建設業許可における専任技術者の資格要件

20 1級建築施工管理技士
21 2級建築施工管理技士(建築)
37 1級建築士
38 2級建築士

特定建設業許可における専任技術者の資格要件

20 1級建築施工監理技士
37 1級建築士

所定学科

建築学に関する学科 都市工学に関する学科

※「略号」は、「建設業許可申請書(様式第1号)」などで使用します。
※「建設工事の種類」は「工事経歴書(様式2号)」などで使用します。
※「建設業の種類」は、「建設業許可申請書(様式第1号)」などで使用します。

ズバリ、建築一式で建設業許可が取れやすい方法

・1級、2級建築士など資格を持たれている方の方が申請しやすいです。
・神奈川県の場合、代表取締役以外の方は、社会保険加入を証明する書類が求められますので、社会保険加入が必要です。
・実務経験で証明する場合には、1年につき、元請で建築工事をした契約書、発注書、請求書などの確認書類が必要になります。

建設業許可・建築一式工事を、横浜市、川崎市、神奈川県で取得をお考えの方は、建築一式工事業での許可実績もある行政書士清水すなお事務所にお任せ下さい!平日夜・土日にも対応し、相談料は無料です。

http://kensetsugyou-shinsei.com/?page_id=17

Copyright(c) 2014-2016 清水すなお行政書士事務所 All Rights Reserved.
Top